ダイビング情報ホームページ
お勧めコンパクト水中カメラ

水中機材 ピント 露出 適正露出 撮影方法 デジカメ●水中撮影に適したデジタルカメラは?

水中撮影にチャレンジしたいダイバーはたくさんいると思います。でも、どのようなコンパクト・デジタルカメラを買ったらいいのか分からない人がほとんどだと思います。そこで、たくさんあるデジカメの中から、水中撮影に適したデジカメを紹介したいと思っています。

手軽に楽しめるコンパクトデジカメですばらしい水中写真を撮ってください。

コンパクト・デジカメでの水中写真テクニックはこちらからどうぞ


●ワイド(広角)撮影が出来ることサンプル写真1

水中は、水の屈折率の影響で地上より4/3(1.33)倍モノが大きく見えます。カメラのレンズも4/3倍大きくなるので、レンズの画角も同じように狭くなってしまいます。陸上で35mmのレンズを使っていると、水中では約50mmのレンズを使っていると同じことになってしまいます。

水中で、シャープな写真を撮るには、被写体に近づくことを求められます。そうなると、近い距離で広い範囲を写せるワイド(広角)レンズが必要になってきます。最近では、24mmのレンズをつけたコンパクトデジカメも登場しています。


●手ぶれ防止があること

最近のコンパクトデジカメは手ぶれ防止装置が付いているのが当たり前になってきました。水中の暗い環境では、どうしてもシャッタースピードが遅くなってしまいます。その時に役立つのが手ぶれ防止です。


●高ISO設定が出来ること

暗い水中で、シャッタースピードを上げようと思ったら、ISO感度を上げるのが一番簡単な方法です。一般的にISO感度を上げると、ノイズが目立ってきます。画質を重視するなら、ISO感度を下げればいいのですが、そうするとシャッタースピードが遅くなってぶれた写真になってしまいます。最近では、ISO800〜1200でもノイズが目立たないデジカメも発売されています。


●水中写真モードがあること

水中では、水深が深くなると赤い色が失われて行きます。ホワイトバランスも陸上とは違います。水中できれいな写真が撮れる水中写真モードがあれば、簡単にきれいな写真を撮ることが出来ます。


●専門の水中ハウジングがあること

水中にデジカメを持って行くのには、専門のハウジングが必要です。いまではメーカー純正の耐圧40mのハウジングがオプションで発売されることが多くなってきました。値段も2〜3万円と手頃になっています。また、サードパーティー製のストロボを取り付けられるハウジングも発売されています。


●お勧めのデジタルカメラ 2015年春版
機種 仕様 コメント
OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-3 Tough ブラック
画素数:1600万画素
センサー: 1/2.3インチ型CMOS
焦点距離:25mm〜100mm
F値:F2〜F4.9
ISO感度:ISO80〜6400
起動時間:1.6 秒
液晶モニター:3インチ46.1万ドット
手ぶれ補正:光学式
動画撮影サイズ:1920x1080(フルHD)
発売日: 2014年5月
F2.0の明るいレンズを搭載したタフシリーズ最高峰のカメラ、STYLUS TG-3 Tough誕生。
タフ性能はもちろんのこと、マクロ性能が一段と進化。アクセサリーによる、システム拡張性で、さらなる撮影シーンが拡がる。
また、出先でGPSアシストデータの更新ができたり、GPS軌跡や写真を管理できるスマートフォンアプリを新たに用意。
タフシーンでの撮影がますます楽しく快適に。15m防水なので、ハウジングがなくても水中撮影が楽しめます。
OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-3 Tough用 防水プロテクター 45m PT-056

耐水震度:45m

発売日: 2014年5月
耐圧水深45mを実現した防水プロテクター。本体をブラックにすることで不要な映り込みをなくしているため、ダイビングをしながら高画質撮影をお楽しみいただけます。
Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK)

画素数:1210万画素
センサー: 1/2.3型CMOS
焦点距離:22mm〜120mm
F値:F1.8〜F5.9
ISO感度:ISO100〜6400
液晶モニター:3インチ103万ドット
手ぶれ補正:CMOSシフト方式
動画撮影サイズ:1920x1080(フルHD)
発売日: 2013年8月
 12.1メガピクセル高感度CMOSセンサーと開放F値1.8の明るい24mm光学5倍ズームレンズ搭載。新映像エンジンDIGIC6による高感度性能。

一瞬を捉えるAFの高速化と撮影タイムラグの短縮。新しい撮影モード(星空、背景ぼかし)やダイジェスト動画に静止画を追加。スマートフォンやSNSなどとの接続が可能なWi-Fi機能搭載
Canon ウォータープルーフケース WP-DC51 対応機種 PowerShot S120
耐水震度:40m
水中40m防水※1対応の防水ケース。装着時も操作性に優れ、水中撮影をサポートします。
CANON デジタルカメラ PowerShot G1X
画素数:1500万画素
センサー: 1.5型CMOS
焦点距離:28mm〜112mm
F値:F2.8〜F5.8
ISO感度:ISO100〜12800
液晶モニター:3インチ92.2万ドット
手ぶれ補正:光学式
動画撮影サイズ:1920x1080(フルHD)
発売日: 2012年3月
PowerShot G1Xの特徴はなんといっても、一眼レフに迫るの14.3メガ、自社開発大型CMOSセンサーを搭載している。そのため、コンパクトデジカメとは違った繊細な画像を表現できることである。

また、マニュアル操作も細かく出来ることで、自分の好みに合った写真を楽しむことが出来る。
CANON PowerShot G1X用ウォータープルーフケース WP-DC44
水中40m防水対応のPowerShot G1 X用防水ケース。装着時も操作性に優れ、水中撮影をサポートする。  水中40m防水対応のPowerShot G1 X専用の水中ハウジング。水中でも、本体の操作が細かくできるようになっている。そのため、陸上で撮るような感覚で操作できる。
Panasonic デジタルカメラ ルミックス タフ設計 防水モデル DMC-FT4-D
画素数:1250万画素
センサー: 1/2.33型CCD
焦点距離:28mm〜128mm
F値:F3.3〜F5.9
ISO感度:ISO100〜1600
液晶モニター:2.7インチ23万ドット
手ぶれ補正:光学式
動画撮影サイズ:1920x1080(フルHD)
発売日: 2012年3月
DMC-FT4-Dの最大の特徴は、水深12mまでの防水性能、防塵性能、マイナス10度の耐低温性能、2mの落下に耐える耐衝撃性能を備える。

また、GPS&方位計、気圧/高度(水深)計も引き続き搭載。新たに高度計をGPS連動させることで計測精度を高めたほか、高度計履歴機能を新搭載した。

水中撮影以外にも、アウトドアで活躍をするコンパクトデジカメである。
Panasonic DMC-FT4-D用 マリンケース DMW-MCFT3
水中40m防水対応のMC-FT4-D用防水ケース。 カメラ自体が防水なので、より安心して水中撮影をすることが出来る。
OLYMPUS デジタルカメラ XZ-1 ブラック  画素数:1000万画素
センサー: 1/1.63型CCD
焦点距離:28mm〜112mm
F値:F1.8〜F2.5
ISO感度:ISO100〜6400
液晶モニター:3インチ61万ドット
手ぶれ補正:CCDシフト方式
動画撮影サイズ:1280x720
発売日: 2011年2月
 オリンパスXZ-1の一番の特徴は、レンズの明るさがf1.8ということである。コンパクトカメラでここまで明るいレンズを使っているのは珍しい。そのため、暗い水中でもカメラの性能を発揮することが出来る。

焦点距離は28mmからと少し広角が足りないが、マクロ機能を使えば、小さな魚も撮影が可能である。
OLYMPUS デジタルカメラ XZ-1用 40m防水プロテクタ PT-050
OLYMPUS XZ-1専用ハウジング 専用のハウジングで、純正なので値段が安いのが一番の魅力である。また、このハウジングは、サードパーティー製のストロボやワイコンをつけることが出来る。そのためコンパクトデジカメで本格的な水中撮影をすることが出来る。