アンコールワット旅行記
二日目 プノン・パケンからの夕日 3月14日
アンコールワットの観光が終わったら、すぐ近くにあるプノン・パケンという小高い丘から夕日の見学である。アンコールワットの西門から北に約1キロ程度行ったところにある。このあたりはほとんど平らなところであるが、このプノン・パケンは小高い丘になっている。この丘の上にも遺跡があって、そこに上って沈む夕日を眺めるという趣向である。

ぞうさん丘の麓にいくと、なんと象がいた。動物園でしか見たことがない象が道路を歩いているのである。麓から頂上の丘の上まで人を運ぶのである。ちなみに料金は登り30ドル、下り10ドルということである。

お金のない人は、急な坂道を上るのであるが、これが結構たいへん。道が悪くて歩きにくいのである。象の通る道もあるけど、こっちは象優先で、足下を注意して歩かなくてはいけない・・・ 理由は解るでしょう(笑)
登り道
僕は当然上り道を歩いて上った。でも、象に乗って上る人も結構いて、日本じゃ出来ないことだからという人が多いようである。

急な登り道を上ること15分、丘の上に到着した。小高い丘だとガイドに聞かされていたけど、結構な高さである。日暮れで周りは薄暗くなってきたけど、周りを見渡すことが出来る。

僕は夕焼け見物というから、てっきりアンコールワットの方に夕日が沈むのだと思ったら、反対に沈むのであった。この時点では、まだアンコールワットの全体像が解っていなかったである(^^;
頂上の風景頂上の遺跡には夕日の沈むのを見るためにたくさんの人が集まっていた。このプノン・パケンは夕日見物のスポットなので、今の時間が一番人が多いそうである。日本時以外にも、韓国人、中国人、西欧人(フランス人が多いみたい)など、たくさんの人が夕日の沈むのを待っていた。

待つこと約30分。やっと西の空が赤くなってきた。でも、地平線には雲があって夕日はその中に入って見えなくなってしまいそうである。それに、集合時間も迫ってきたので、最後まで日が沈むのを見るのは諦めて山を下ることにした。

夕日同じように考える人が多いのか、次第に帰る人の数が増えてきた。帰りは、象の道を通って帰ることにした。足下に注意しながら下ったけど、象が前にいるとなかなか抜くことが出来ない。象の歩くスピードも遅くはないけど、人間の方が早い。広いところを見つけて一気に抜き去った。こんなに近くに象がいても、怖いと感じないのは、象使いがうまいからだと思った。日本の動物園も象使いを連れてきて、動物園一周とかすれば人気が出るのに・・・ なんてことを思って麓まで降りてきた。

降りたら、あたりは暗くなってきていた。麓で待っていたバスに乗ってシュムリアップ市内の中華料理店で夕食である。今日は、よく歩いたし、山登りもしたのでおなかがぺこぺこ。中華料理ということで量がたくさんあって満腹になった。明日の朝は、アンコールワットの朝日を見に行くので、起床は4時30分である。ホテルに帰って、カメラデータの取り込みをすませ、お風呂に浸かって疲れを癒し、ベットに入った。

←BACK  TOP   NEXT→